株式市場が暴落している最中に株式を購入する

株式市場が暴落している最中に株式を購入するのと後のリバウンド局面で株を購入するのはどちらがいいのでしょうか。このようなことを調べると、結局だまし上げはあっても暴落局面よりもリバウンド局面の方がトータルリターンは高いことが知られています。

しかし、どうして多くの個人投資家は株価がリバウンドしている時に買わずに下がっている時に株式を購入しようと考えるのでしょうか。それは、株価が下がっている最中は「ひょっとしたら今が底。」ではないかという思いが個人投資家の中にはあるのです。

つまり、仮に今が底ならばこれから株価はリバウンドするわけですから今株式を購入すれば大きな利益がもたらさえれると考えるわけなのです。ですから、個人投資家は優位性のあるリバウンド局面では株式を購入せずに株価が暴落している真っ只中で株式の購入に踏み切るのです。

個人投資家とは株式でトータルのリターンよりも別なことに重きをおいて株式取引をしているように思います。視力回復 子ども 機器